医学的にセルフフェラを考える

セルフフェラも人体がなす行為でありますから人体について知ることができればどうして可能なのかわかるところがあるとおもいます。

ですから医学的な目線から見てわかることについて簡単に書きます。

必要だと思われるもの

セルフフェラをしようと思ったとき、なにをすればいいか思いつくとしたらまず柔軟性、そしてペニス増大です。

後者はセルフフェラに関係なく色々なサイトでその方法が紹介されています。

サプリメントやチントレ、外科手術など色々なやり方で大きくさせることができるというふうに書かれています。

このサイトでは後者については深入りせず、前者に重きを置いて書いていく予定です。

ですからペニス増大について調べたいことがあれば某サイトで情報を得てください。

当然のことながらペニス増大もセルフフェラを完遂するうえで重要な方法であります。

年齢と柔軟性

年齢と柔軟性には相関関係があるようです。

年齢が増せば増すほど柔軟性は鍛えにくくなるということです。

よってセルフフェラを始めるのは若ければ若いほどいいということです。

筋肉の超回復

柔軟性というのは筋肉や腱の伸び縮みのことを言っていて、決して骨のことではありません。

筋肉や腱が重要な要素になるわけですが、筋肉のことを知らずに無理なトレーニングをしてしまっては怪我を引き起こすかもしれません。

セルフフェラも筋肉が関係している以上筋肉について知る必要があるように思います。

ですからここでは簡単ながら筋肉のことについて書きます。

筋肉は鍛えれば鍛えるほど発達し、柔軟性が増します。

ですが筋肉は毎日酷使してトレーニングしても効率的に鍛えることができません。

休息とのバランスをみて適切にトレーニングをすることが重要になってきます。

筋肉は一度傷めつけられると回復期が必要です。

この回復期を越したあと再びトレーニングをすると筋肉は以前よりもよりしなやかな筋肉になります。

回復期はおよそ三日ほどだと知られていて、約四日ペースでトレーニングをすれば効率よく鍛えられるということです。

セルフフェラに関しても同じようなことが言えます。

約四日ペースですればより深く咥えることに最短でたどりつけると思います。

ただし日常生活との兼ね合いや痛みの残り具合などを考えながらやる必要があるとも思いますが。

できない人・向いていない人

セルフフェラは誰にでも挑戦できるものだと思います。

ですが例外的にできない、もしくはやるべきではない人や向いていない人がいますのでその点に関して書きます。

できない、もしくはやるべきではない人の特徴として以下のようなものが挙げられます。

脊髄終止が伸びない

重度な肥満

前者の脊髄終止というのは神経だと思ってください。

この脊髄終止というところがうまく伸び縮みすることで人は背中を曲げるとき、脊髄に対する負担を軽減し腰を曲げられるようになっています。

ここが硬いとセルフフェラをしようとすれば脊髄に負担をかけることになり、神経を傷めてしまいます。

もしどんなに体を温めても立った状態で床に手が届かないという人は脊髄終止が硬いという病気の可能性があります。

背中の柔軟性が重要なセルフフェラにおいてこれは致命的です。

筋肉や腱は鍛えれば確実に柔らかくなりますが、神経はそう簡単には柔らかくなれないように思います。

ですからこういった人はセルフフェラは難しいように思います。

またヘルニアのような病気を持っている人も同じようにするべきではないと思います。

後者はいうまでもないでしょう。

肥満体系の人がセルフフェラをしようとすればおなかがつっかえて苦しくてできないということになる可能性が高いです。

ただ、練習をしていくうちに体系は変わっていくものです。

セルフフェラをし始めてから体重が10kg落ちたということも起こるかもしれません。

ですからこういった人が確実にできないということはないということも書いておきます。

また向いていない人の特徴として、

床オナのしすぎによる不感症

というのがあります。

セルフ関係なくフェラでは気持ちよくなれないという人はセルフフフェラを極めたところで得られる対価は小さいように思います。

inserted by FC2 system