セルフフェラガイドライン

chinguri

突然ですが、自分のモノを自分で咥えてみたいと思ったことはないでしょうか。

このサイトにたどり着いた人はおそらくそう思ったことがある人が多いことだろうとは思いますが、

そのような人はしたいと思う、ただそれだけで不可能なことだと諦めてしまっているという現状ではないでしょうか。

いわゆるセルフフェラは一般的には非現実的な行為として見なされていますから、当然そうなってしまうのが普通です。

「なんかばかばかしいし第一中国雑技団並の柔軟性を持っていない限りできないことで自分には無理に決まっている。」

「セルフフェラなんて都市伝説だ。」

「思い立って精一杯背中曲げて舌伸ばしてもブツまで20cm・・・絶対無理だ。」

そう考えるのが現実的ですし普通はそうやってやめていくものです。

ですがちょっと待っていただきたい。

ごく普通な体系をした人でも、

絶え間ない努力と正しい理解、そして何よりも大事な情熱さえあれば可能なのです。

理由は後ほど詳しく書かせてもらいますが、いわゆる柔軟性は鍛えれば得られるものです。

正しくトレーニングをすることでほぼ必ず柔らかくなるものなのです。

ですから、普通の人でもセルフフェラに必要な一見驚異的な柔軟性も手に入れるのは不可能ではないということなのです。

もし志があるのであれば、このサイトに書いてあることを参考にして挑戦していただければ幸いです。

ただしセルフェは一日にしてならず、日々の鍛練がなすものであることはよく理解しておいていただきたいものです。

inserted by FC2 system